「脱毛は痛い」はもう古い!?今話題の痛みの少ない脱毛3選

光脱毛の進化形・ジェルとの相乗効果で快適脱毛

サロンで行う光脱毛は、照射された光が毛の黒い色素に吸収されて熱を持ち、毛根や周辺組織を破壊するというもの。そのため多少の痛みを伴うのが常でした。

しかし最近では改良が加えられ、痛みの少ないものがでてきています。それは脱毛したい箇所に抑毛効果のあるジェルを塗り、その上から光を当てるというものです。光のパワーだけでなく、あくまでジェルとの相乗効果で脱毛していくので、従来の光脱毛のような痛みがないのが特徴です。

脱毛の常識を覆す!?低温脱毛なら痛みに弱い人も安心

熱で毛根を破壊して今ある毛を脱毛する従来の方法に対し、全く逆の発想で開発された脱毛方法があります。それは、まだ毛になる前のいわば毛の種ともいえるような状態のものに対して働きかけ、新しい毛を生えさせないようにする、というものです。

この方法では高温を与える必要がなく、肌に当てる光の温度は38度程度。じんわり温かく感じるくらいで刺激や痛みは感じません。肌トラブルの心配もなく、むしろ美肌効果が高いといわれています。

痛みが強いといわれるレーザー脱毛も…

脱毛効果が抜群に高いゆえに、その分痛みが強いといわれてきたレーザー脱毛。最近では冷却しながら照射したり、肌を伸ばしながら照射することで痛みを抑える機種も登場しており、以前ほど痛みを心配しなくても良いようになってきています。

また、こちらも高温で直接毛根を破壊するのではなく、肌全体にじっくりと熱を届けて毛の再生組織を破壊する、という方式のものが出てきています。これも従来のものに比べればかなり痛みは弱いです。

脱毛は、カミソリや毛抜き、除毛クリームなどを使った自己処理という方法のほか、サロンやクリニックなどでレーザーの照射による方法もあります。