レーザー脱毛したい!できない人もいるの?

カウンセリングで気になるところがあれば伝えよう

レーザー脱毛は美容皮膚科などの医療機関で行う脱毛方法です。予約をしてすぐに脱毛を始めるのではなく、まずはカウンセリングで脱毛の仕組みや諸手続きを説明して、料金面でも納得してから契約をし、初めて脱毛するための予約を取って施術という流れになります。基本的にはどんな方でも施術を受けることができますが、体調や既往症によっては施術を断られることもあります。肌トラブルや体調不良を引き起こしたりすることがないよう、カウンセリングでは病歴や肌質、持病などの質問もあるので隠さずに伝えるようにしましょう。妊娠や授乳中の場合も影響が出る心配がありますので、必ず伝えて安全に施術ができるように自分自身でも気をつけましょう。

脱毛ができないときってどんなとき?

レーザー脱毛ができないケースは幾つかありますが、当日に風邪を引くなどの体調不良になったり、生理になってしまうと断られてしまいます。特にVIOは確実に生理日は照射することはできませんが、クリニックによっては他のボディ部位はできる場合もあるので日程変更を含めて相談してみると良いでしょう。日焼けも脱毛ができなくなる原因となりますし、施術の12時間前までにアルコール摂取をしていると肌の炎症を引き起こしやすいということで、飲酒をしたことで施術できなくなってしまうことも考えられます。予防接種も大事ですが、時間を空けておかないと脱毛できない場合もあるので、もしも脱毛の施術日が近くて気になることがあればすぐにお店に問い合わせた方が安心して施術を受けられます。

医療レーザー脱毛は効果が高いので、スピーディーに脱毛が完了します。個人差がありますが、だいたい5~8回程度の施術でムダ毛が生えてこなくなります。